動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-12

自然エネルギーに関する「総理​・有識者オープン懇談会」 2011年6月12日

 2011/06/12(日) に行われた自然エネルギーに関する「総理​・有識者オープン懇談会」の2時間の映像内容です。放送は終了していますが、録画された映像を見ることが出来ます。


引用: 菅直人内閣総理大臣に対して行われた、自然エネルギーの本格的普及に関する要望。この要望を提出した5名の有識者の方々と菅総理が一堂に会し懇談会を開きます。懇親会では率直な意見と提言を聞かせて頂くとともに、「これから、どう自然エネルギーを普及させていけばよいか」について、積極的な意見交換が行われる予定です。


参加者
枝廣淳子 環境ジャーナリスト
岡田武史 元サッカー日本代表監督
小林武史 ap bank代表理事
坂本龍一 ミュージシャン (ビデオメッセージによる参加)
孫正義 ソフトバンク社長
司会
藤沢久美 シンクタンク・ソフィアバンク 副代表












菅首相、自然エネルギーに関する有識者との懇談会 普及に強い意欲を示す


 菅首相は12日午後、首相官邸で、自然エネルギーに関する有識者との懇談会を開き、首相という立場の責任として、普及に強い意欲を示したうえで、省庁横断的な組織の必要性を強調した。

 菅首相は「2020年代初頭、早い段階に、自然エネルギーを20%。総理という立場での責任でやらなければいけないことであると同時に、生きているかぎり、そういう課題、わたしも昔から関心がありますので」などと話した。
懇談会には、ソフトバンクの孫 正義社長や、サッカー日本代表の岡田武史前監督らが出席し、「原発への依存度を下げないといけない。自然エネルギーは、大きな雇用を生む」といった意見が出された。

 菅首相は、電力事業のあり方についての検討会を新たに内閣官房に設けるとしたうえで、自然エネルギー推進のための省庁横断的な組織の必要性を強調した。
(06/12 18:07)

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00201300.html








「自然エネルギー庁」構想を披露=菅首相、看板政策に意欲

 菅直人首相は12日午後、ソフトバンクの孫正義社長、元サッカー日本代表監督の岡田武史氏らを首相官邸に招き、自然エネルギーの普及に関する懇談会を開催した。与野党の退陣圧力が強まっているが、首相は「自然エネルギー推進庁」構想を披露するなど、太陽光や風力発電などの促進に取り組む決意を強調した。

 福島第1原発事故を受けて首相は、エネルギー基本計画を白紙で見直す意向を表明。先にフランス・ドービルで開かれた主要国首脳会議(サミット)では、2020代の早い時期に総発電量に占める自然エネルギーの割合を20%以上とする方針を打ち出した。

 首相は席上、「『自然エネルギー推進庁』をつくって専門家を集めれば、(今後)10年どころか、もっと早い時期にやれる。省庁横断的に進める何らかの仕組みを急いで検討する」との考えを示した。自然エネルギー普及に関しては「首相という立場でやると同時に、生きている限りしっかりと取り組む」と語った。(2011/06/12-18:15)

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011061200129



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。