動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-01

宇宙ヤバイ特集

 ひとつの点の大爆発から生まれたとされる果てしなく広い宇宙。無限とも思える暗闇に包まれ、空間が広がり続けいるとされている宇宙。人類は太古から空を眺め、昼には照りつける太陽を、夜には輝く星々を見つめてきました。古代エジプトの太陽暦、メソポタミアの太陰暦。畑を耕し作物を育て収穫する人々は、暦を確立させることによって文明を歩みを進めました。また、大いなる海原へ漕ぎ出してゆく人々は、夜空に輝く天体に指針を託し航海術を発展させてきました。

 地球はピザのようにまっ平で円盤のような形であると信じられていた時代、世界一周を成し遂げ地球が丸いことを証明したマゼラン一行。すべての天体は地球を中心に回っていると信じられていた時代、まさに天地がひっくり返るほどの衝撃を世界に与えたコペルニクス。文明の発達とともに人類は宇宙に対する理解を深めてきました。科学の発展した現代において、天文学というひとつの学問が確立され高度な設備も導入されていますが、人類が知ることの出来る宇宙は宇宙全体の1%未満であると唱える人もいます。そんな広大で人間の理解を超えた宇宙について、情報をまとめてみました。




 2004年にNHKで放送された「地球大進化〜46億年・人類への旅」のオープニング映像です。CG技術をフル活用した美しい映像がひそかな話題となりました。地球が形成される前の小惑星群から始まり、人類であるホモ・サピエンスの誕生までを描いた作品。1話60分の全6話の構成です。




人類滅亡シリーズ 神オープニング サントラDVD版【H.264】





 地球誕生直後にあったとされる巨大隕石の衝突を、現在の地球で起きたと仮定したシミュレーションです。隕石が巨大なために、時速7万km/hという速度にもかかわらず不気味なほどにゆっくりに見えます。地表10kmがいとも簡単にはがされてゆき「地殻津波」が発生します。





その他のシミュレーション
イチローのレーザービームで人類滅亡
間違えて「goggle.com」と打つとこうなる
地球滅亡シュミレーション 回避策
地球に直径400kmの 『兄貴』 が72000km/hの速度で衝突したとき
コンドームにコーラを入れたら人類滅亡





 宇宙の大きさ比較映像です。地球化から始まり現在確認されている最大の天体であるおおいぬ座VY星までの巨大天体を羅列した映像です。太陽が大きな星であるという認識が覆されるほど、上には上がいるということがわかります。






 NASAが打ち上げた宇宙空間に浮遊し天体観測を行う「ハッブル宇宙望遠鏡」によって撮影された写真です。カラー写真が艶やかなのは肉眼では見えない赤外線や紫外線など波長ごとに着色し色分けを行っているためです。












HubbleSite - Gallery





Google画像検索ワード
宇宙銀河恒星惑星彗星ブラックホール地球火星木星土星天王星Galaxyhubbleblack holemoonSaturnAndromeda GalaxyInternational Space StationSpace Shuttle

theme : 宇宙
genre : ニュース

最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。