動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-09

殺人ユッケ 「焼肉酒家えびす」 黒幕の卸業者がとにかくヤバイ

 O-111が原因で食中毒を起こし、多数の死傷者を出した「焼肉酒家えびす」。安全性を高めるために行われる、表面の肉を削ぎとるトリミングが行われていなかったことが明らかとなっています。


 しかし、どうやら納品業者がトリミング済みで必要ないような言い回しをしていたことや、ネット上で社名を変えてユッケ用として売っていたり、生食と知りながら包丁とまな板を使いまわしたり、製品の産地偽装をしていた疑いが強まっています。この業者、かなりヤバイです。情報を集めてみました。








「和牛」ユッケに交雑種の肉、卸業者が加工納入

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の客4人が死亡した集団食中毒事件で、食肉加工卸業者「大和屋商店」(東京・板橋区)が同チェーンの店舗にユッケ用和牛として卸していた肉の中に、和牛には該当しない交雑種の肉が含まれていたことが7日、読売新聞の取材でわかった。


 店側では「和牛」と表示してユッケを提供していた。富山、福井、神奈川の3県警と警視庁の合同捜査本部は、肉が汚染した経緯と共に、ユッケの材料となった肉について詳しく調べる。

 一般的に、交雑種は肉牛と乳牛をかけ合わせたもので、和牛は、肉牛の黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種とこれらを交配した牛。

 交雑種であるにもかかわらず「和牛」として扱われていた肉は、先月13日に大和屋商店が加工した後納入されたもので、個体識別番号から、福島県内の畜産家の男性が飼育していたことが判明。男性によると、さいたま市食肉中央卸売市場で1頭約45万円、1キロ当たり約1000円で競り落とされた。男性は「和牛と称して売っていたなら、偽装だ」と話している。

(2011年5月8日03時04分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110507-OYT1T00861.htm









(株)大和屋商店
http://www.yamatoya-co.jp/company.html
本社住所 〒173-0014 東京都板橋区大山東町20-3
板橋営業所住所 〒173-0014 東京都板橋区大山町37-4
代表者 長田 長治
商号 (株)大和屋商店 (ヤマトヤシヨウテン)    
設立 昭和61年 7月
創業 昭和61年 7月
資本金 20,000 (千円)
従業員 15 人
代表者 長田 長治(オサダ チヨウジ)  (男)
生年月日 昭和16年 6月23日生
役員 (取)長田忠士,碓氷知子(監)平野耕司
営業種目 食肉類卸売業
大株主 長田長治(100%)
支店・営業所・工場 〔営業所〕東京都板橋区大山町
仕入先 さいたま食肉市場,東京食肉市場,全国農業,茨城県中央食肉公社,川口食肉荷受
販売先 鴨川グランドホテル,プリンスホテル,ホテル・スーパー・レストラン・飲食店








大和屋がえびすに送ったメール 北日本新聞WEB版より
http://webun.jp/news/A100/knpnews/20110503/37957



37957-2.jpg









肉卸業者役員がユッケ用として牛肉を通信販売 
2011年5月8日 09時07分

 集団食中毒が起きた焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」に牛肉を卸していた大和屋商店(東京都板橋区)の役員とみられる男性が運営しているインターネットサイトで、ユッケ用として牛肉を通信販売していたことが分かった。同商店は同チェーンに出荷した牛肉について「生食用は出していない」と説明していたが、一方で生で牛肉を使用できるような宣伝をして流通させていた疑いがある。

 このサイトでは、通販会社の所在地やファクス番号が大和屋商店と同じで、担当者として同社の役員とみられる男性の名前と写真が掲載されている。

 商品詳細のページには「交雑種/外モモ/B2」との商品名に「赤身率が高くユッケやロースで使用できます」と説明していた。1キロ当たり1350円で販売し、現在は品切れとなっている。

 富山、福井県警などの合同捜査本部は6日、「えびす」を運営するフーズ・フォーラス(金沢市)や大和屋商店などを家宅捜索。食中毒の原因とみられる生牛肉のユッケについて流通過程や取引の実態の解明を進める。

 フーズ社は一連の食中毒で、大和屋商店からユッケ用生肉を仕入れるようになる前の2009年5月、同商店側から「ユッケ用サンプルが出来ました」とのメールを受け、同年7月から取引を始めたと説明。「互いに生肉を提供することを認識していた」と主張。大和屋商店側は「生食用の肉は出していない」と反論、双方の主張が食い違っている。

(中日新聞)

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011050890085824.html








大和屋商店はホームページを消して逃亡
http://www.yamatoya-co.jp/


大和屋商店の長田長治社長の素顔とは(顔写真あり)卸業者役員の長田忠士。殺人焼き肉 殺人ユッケ事件。納入業者・卸業者とは。焼肉酒家えびす事件の総まとめ3
http://blogs.yahoo.co.jp/t_mit21/3464618.html


魚拓済み会社情報
http://megalodon.jp/2011-0504-1311-33/www.yamatoya-co.jp/company.html








肉削り取り 店も業者も実施せず
5月8日 18時38分

 焼き肉のチェーン店でユッケなどを食べた4人が死亡した集団食中毒事件で、チェーン店側は、仕入れた牛肉について、東京の卸売業者から「歩止り100%で無駄がありません」と書かれたメールを受け取ったため、調理の段階で、細菌が付着しやすい表面を削り取る「トリミング」は必要ないと判断した、としています。一方、卸売業者も「加熱用として出荷したのでトリミングはしていない」と保健所に説明しており、衛生管理に欠かせないトリミングが、いずれの段階でも行われていなかった実態が明らかになりました。

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件では、富山、福井、神奈川の3つの県でユッケなどを食べた4人が死亡し、24人が重い症状になっています。警察の合同捜査本部は、チェーン店を経営する金沢市の「フーズ・フォーラス」や東京の卸売業者「大和屋商店」などを業務上過失致死の疑いで捜索しました。チェーン店側の説明によりますと、東京の卸売業者から、おととし5月にメールが送られ、この中で「ユッケ用のサンプルが出来ました。歩止り約100%で無駄がありません」などと記載されていたということです。

 これを受けて、チェーン店側は「100%完成された肉で、細菌が付着しやすい肉の表面を削り取るトリミングの作業は必要ないと判断した」としています。さらに、「トリミングを求める国の衛生基準は把握していたが、卸売業者がやっていると思い、任せきりにした。反省している」と話しています。一方、卸売業者は保健所の調査に対し、「牛肉は加熱用として出荷していたので、自分のところでトリミングはしていない」と説明したということで、衛生管理に欠かせないトリミングが、いずれの段階でも行われていなかった実態が明らかになりました。警察は、押収したパソコンの記録などを分析して、メールを巡るやり取りを調べ、生の牛肉の取り引きや衛生管理の実態について解明を進めることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110508/t10015756681000.html








【ユッケ食中毒】
表面削らず、卸業者出荷
2011.5.8 09:18
 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」に生肉を販売した食肉卸業者「大和屋商店」(東京都板橋区)が「加熱用なので、肉の表面を削るトリミングはせずに出荷していた」と説明していることが7日、板橋区保健所への取材で分かった。

 同チェーン運営会社「フーズ・フォーラス」(金沢市)は「卸業者がトリミングしたと思っていた」としており、認識の食い違いからトリミングされない肉が提供されたとみられる。

 また、大和屋がフーズ社に「ユッケ用サンプルができました」とするメールを送っていたことも判明。一方で、大和屋からは7日午前までに、腸管出血性大腸菌O(オー)157やO111が検出されていないという。

 7日に富山、福井両県警に警視庁と神奈川県警が加わった合同捜査本部は、感染経路や流通実態の解明を進めるとともに、細菌学者らからも意見を聴く方針。

 このほか、富山、石川両県のえびすの店舗で客として食事をした従業員4人からO111が検出されたことも新たにわかった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110508/crm11050809190002-n1.htm








生食用と知りながら、加熱用と同じ包丁使い回し

 焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の客4人が腸管出血性大腸菌「O(オー)111」などで死亡した集団食中毒事件で、肉を納入した「大和屋商店」(東京・板橋区)が生食用として提供されると知りながら加熱用の肉と同じ作業場で加工し、まな板や包丁を使い回していたことが、板橋区保健所などへの取材でわかった。


 厚生労働省の衛生基準では、生食用の肉の加工は加熱用と明確に分け、専用まな板や包丁などを使用するとしている。

 また、富山、福井、神奈川の3県警と警視庁は7日、合同捜査本部を設置した。

 板橋区保健所によると、4月28、30日、大和屋に立ち入り調査したところ、作業場で牛肉は、生食用も加熱用も同じ加工台で処理されていた。大和屋は保健所に「加熱用の肉しか扱っていない」と説明していた。

(2011年5月7日14時33分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110507-OYT1T00425.htm



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

笑ったら一ヶ月オ○ニー禁止とパンチラ/コスプレ/笑顔/ミク/まどか画像とエヴァQの公開日発表とローソンのけいおんフェアと原発・殺人ユッケ続報とか

さて、金沢は雨だね。気象庁の予報では夕方から雨がきつくなるようなことを言っていま

最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。