動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-06

極限状況で人間性が見える えびす社長と東京電力社長

 生肉を使用する韓国料理・ユッケを出し、大量の食中毒者を出した焼肉酒家えびす。その社長である勘坂康弘さんがメディアの前で土下座謝罪をしています。変わった方だとは思っていましたが、ここまで人間臭い男は珍しいです。記者会見では目をパチパチさせたり明らかなチック症が見られました。記者会見の対応などを見る限り、言い方は悪いかもしれませんが、ちょっと頭が悪いんだとおもいます。しかし、土下座をしたときに頭を地面につけるという行為は、そうそう出来るものではありません。極限状況では人間性が滲み出るものです。














 次に、東京電力社長の清水正孝さんの謝罪を見てみましょう。被害者に土下座しろと言われ、最初は言葉で返すも、もう一度言われて膝をつきました。しかし頭を地面につけることはしていません。この頭をつけるという行為に注目してください。たとえ膝を付いたとしても、人前で頭を地面につけるという行為は、そうそう出来るものではないのです。清水正孝さんは慶應義塾大学で偏差値67、勘坂康弘さんは金沢星稜大学で偏差値47。最後の最後、土下座をするという状況下で、清水正孝さんの頭の中では、他人には見えない何かが邪魔をしたのでしょう。頭がいいからなのか、有名大学だからなのか、大企業の社長だからなのか、それは誰にもわかりません。

























 えびすでは死者が出ていますが、東京電力は現時点では出ていません。しかし経済規模の違いや今後出るであろう健康被害などが考えられます。現時点で、どちらのほうが責任が重いというのは難しいと思います。人によって意見も違うでしょう。しかしただひとつ言えるのは、極限状況でその人間の考えや気持ちが行動に現れることは確かです。



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。