動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-06

原発賛成を多く見せる 朝日新聞の世論調査が上手い

 少し前に行われた朝日新聞の世論調査がとても上手かったので少し意見を述べてみようと思います。この調査は2011年4月16,17日に電話で行われたものです。


 まず朝日新聞は解答を聞く前に、「日本の電力の3割は原子力によって賄われている」 という説明をしています。そうすると回答者の意識も、「そんなにあるのか、じゃあいきなり変えるのは難しいな」 と思います。


 そこで4種類の選択肢、「増やす」「現状程度に留める」「減らす」「やめる」 を提示します。ここで注目して欲しいのが 「現状程度に留める」 です。分かりやすく言うとこれは、 「どちらともいえないので現状維持」 と 「いきなり減らすのは難しい、とりあえず新規建設は停止するべき」 という意見の合算です。つまり賛成ではないのです。


 しかし朝日新聞の紙面では、これを賛成派のように装っています。薄い青色をつけることによって、「賛成」 というニュアンスをだしています。これは非常に上手いと思いました。




TKY201104170398.jpg








しかも見出しは、反対派が41%という表記。反対派の方が少ないように読者に思わせることが可能です。




原発「減らす・やめる」41% 朝日新聞世論調査 2011年4月18日0時1分

 朝日新聞社が16、17日に実施した全国定例世論調査(電話)で原子力発電の今後について聞いたところ、「減らす方がよい」と「やめるべきだ」が計41%だった。東日本大震災の復興財源にあてるための増税については「賛成」59%が「反対」31%を上回った。

世論調査―質問と回答〈4月16、17日実施〉
 「原子力発電は今後どうしたらよいか」という質問で四つの選択肢から選んでもらうと、「増やす方がよい」5%、「現状程度にとどめる」51%、「減らす方がよい」30%、「やめるべきだ」11%。日本は電力の3割を原子力発電でまかなっていると紹介したうえで同様の質問をした2007年の調査では、「増やす」13%、「現状程度」53%、「減らす」21%、「やめる」7%で、「減らす」と「やめる」の合計が28%にとどまっていた。

 原子力発電の利用の賛否は「賛成」50%、「反対」32%。「反対」の層でも、原子力発電の今後について20%が「現状程度にとどめる」と答えた。男女別では、男性で「賛成」62%、「反対」27%だったのに対し、女性では38%対37%でほぼ並んだ。

 福島第一原発の事故に対しては、「大いに」56%、「ある程度」33%の合わせて89%が「不安を感じている」と答えた。

 他の原発で大きな事故が起きる不安については、「大いに感じる」が50%、「ある程度感じる」が38%。「大いに感じる」と答えた人のなかでは、原子力発電を今後、「減らす」「やめる」と答えた人の合計が55%と高い。

 復興財源のための増税に賛成する意見は、民主支持層で66%と高かったが、無党派層で59%、自民支持層でも53%に上った。復興の主な財源として増税と国債のどちらがよいか尋ねると、「増税」48%、「国債」25%だった。

http://www.asahi.com/national/update/0417/TKY201104170324.html



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。