動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-04

32インチ液晶テレビが3万4千円 すっごい安くなってる 2011年5月

 価格競争の末にどんどんと安くなっていく液晶テレビ。久々にカカクコムで見てみたら、なんと32インチの東芝レグザが3万4千円で売られていました。ものすごいデフレっぷりです。ちなみにデフレーションは、物の価格がどんどん下がっていく現象です。

価格.com - 液晶テレビ 製品一覧 売れ筋ランキングの高い順




 パナソニックが昨年4月に国内初の3Dテレビ「3D VIERA」を発売してから1年が経過した現在、大幅な価格の下落は続き、メガネ別売りの「3D対応テレビ」にいたっては最新モデルであるにもかかわらず10万円を割り込んでいることが明らかになりました。

 3D対応テレビはメガネを買い足すことで3Dコンテンツに対応できるだけでなく、4倍速表示などに対応した高画質な2Dテレビとしても利用できるため、テレビを買い替える時の選択肢に入れておくのも悪くないかもしれません。

 大手価格情報サイト「価格.com」によると2011年5月2日19時現在、2010年7月発売のソニーの3D対応テレビ「3D BRAVIA KDL-40HX800(40インチ)」が7万8000円で販売されているほか、2011年3月発売の「3D BRAVIA KDL-40EX720(40インチ)」および「3D BRAVIA KDL-32EX720(32インチ)」といったモデルも10万円を割り込む価格で販売されています。

 また、色鮮やかに表現できる4原色技術を前面に押し出したシャープの「AQUOS クアトロン3D LC-40Z5(40インチ)」は10万700円、東芝の「LED REGZA 42ZG1(42インチ)」は10万4979円で販売されており、安価で販売されているのはソニー製モデルだけでないことが分かります。

 ちなみに最も安価な3D対応テレビ「3D BRAVIA KDL-40HX800」の場合、3Dコンテンツを利用するのに必要な3Dシンクロトランスミッター「TMR-BR100」は直販価格5000円、そして3Dメガネ「TDG-BR100」は直販価格7980円で販売されており、3Dコンテンツを楽しむために必要なアイテムすべてを揃えても約1万3000円上乗せされるだけで済むため、トータルで10万円を割り込む価格で購入できることになります。

http://gigazine.net/news/20110502_3dtv_price/










 naniya管理人は、たしか7万円くらいで20インチの液晶テレビを買いました。シャープのアクオスです。時期は忘れました。最近は液晶テレビの値下がりが凄まじいので、もう一台くらいほしいと言うのが本音です。まあ一台あれば十分なんですけど、安いと欲しくなっちゃうじゃないですか。


 でも実はすごく困ったことがあります。naniya管理人の家はデジタル放送が来ていません。だから7万円でシャープのアクオスを買ったけどずっとアナログでテレビを見ています。地デジ普及率とか50%とかそんなもんだと思ってましたけど、このあいだ90%を越えているなんてニュースをみてびっくりしました。


 じつはもうひとつ困ったことがあります。どうやら地デジは、変なカードみたいのが必要みたいで、それをテレビに挿し込まなきゃいけないらしいです。でもたぶん買ったときに何かの入会カードだと思って捨てちゃったんだと思います、手元にないので。だからすごい困った! でもたぶん、7月24日にアナログ終了となっていますが総務省がおまけで3年くらい延長してくれるんじゃないかなーって思っています。だからまだアナログ終わったら困る!


 地上デジタル放送は映像が綺麗らしいので、早くきれいな画質でテレビを見てみたいです。地デジはお早めに!(^o^)



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。