動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-13

ドイツで脱原発の動きが加速 政府が方針決定

 2011年3月11日に起きた東日本大震災が原因で、福島第一原発から大量の放射能が漏れた件を受けて、ドイツ国内で脱原発の動きが加速しています。政府は原発依存の脱却を発表、地方選挙では与党が敗北し反原発を掲げる政党が躍進しました。また、20万人規模の反原発デモが起こっています。








ドイツ政府:脱原発で風力やガス火力への依存拡大へ-政府文書

4月11日(ブルームバーグ):ドイツのメルケル政権は、原子力発電からの撤退に伴って生じ得る発電量不足を補うため、沖合の風力発電施設を拡張するとともに、ガス火力発電所を建設する方針だ。政府文書で明らかになった。

  独環境省などが作成し11日に配布された同文書は、風力発電には再生可能エネルギーの中で「最大の将来性」があると指摘。政府の目標は「原発からの撤退を急ぐ」ことにあるとした上で、従来型電力への依存も続ける方針を示し、新たなガス火力発電所に「特別な役割」が与えられていると説明した。

  文書はまた、ドイツ復興金融公庫(KfW)が早ければ今年から風力発電施設への投資家に融資を提供する可能性も明らかにした。ノルデックスやリパワー・システムズなど風力発電機器メーカーには追い風となる。独風力発電連盟(BWE)によると、ドイツの発電量に占める風力発電の割合は2010年に約7%だったが、20年までには25%に増加する可能性がある。

  メルケル独首相は日本の福島第一原子力発電所の事故を受けて原発運転延長計画の見直しを命じていた。今回の文書はドイツの将来のエネルギー政策を検討する上での選択肢を詳述した格好だ。原子炉の運転停止継続や他の原発の迅速な閉鎖を求める政治的圧力が高まる中で、今月15日に開かれる各州首相との協議でもメルケル首相の論拠になるとみられる。

更新日時: 2011/04/12 07:44 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aDFBQBOj4g3o








独シーメンス、仏アレバとの原発合弁解消 福島事故で原子力撤退も
2011.4.12 08:22

 ドイツの総合電機大手シーメンスは、フランス原子力大手アレバとの原発製造の合弁会社「アレバNP」への出資持ち分34%をアレバ側に売却し、合弁を解消したことを明らかにした。11日付ドイツ紙ウェルトなどが報じた。

 合弁解消は、以前から計画していたシーメンスの原子力事業見直しの一環。福島第1原発の事故を受け、同社は「原発の将来性が不確実になった」として、原子力事業からの全面撤退も選択肢としているという。

 シーメンスはさらに、ロシア国営の原子力企業ロスアトムとの合弁計画についても解消を検討していると、別のドイツ・メディアが報じている。

 アレバNPの売却額は約16億2千万ユーロ(約2千億円)。これまでアレバが66%を保有しているが、今後はアレバの100%子会社となる。シーメンスは売却について「事業への十分な発言権がなかったため」としている。(共同)

http://www.sankeibiz.jp/business/news/110412/bsk1104120824007-n1.htm








ドイツで反原発デモ、20万人以上参加
2011年03月27日 19:18 発信地:ベルリン/ドイツ

ドイツ南西部バーデン・ビュルテンベルク(Baden-Wuerttemberg)州議会選を翌日に控えた26日、各地で原子力発電所に反対する大規模なデモが行われ、推計20万人が参加した。

デモはベルリン(Berlin)、ハンブルク(Hamburg)、ケルン(Cologne)、ミュンヘン(Munich)の主要4都市で行われ、主催者の1人は25万人がデモに参加したと述べた。バーデン・ビュルテンベルク州議会選では、原発の是非が主要な論点になるとみられる。

写真はベルリンで開かれたデモで、行進するデモ参加者(2011年3月26日撮影)。(c)AFP/ODD ANDERSEN

http://www.afpbb.com/article/economy/2792777/7009210








ドイツ:緑の党の支持率、過去最高の28%-シュテルン誌調査

4月6日(ブルームバーグ):ドイツのバーデン・ビュテンベルク州で先月実施された州議会選挙でメルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)を58年ぶりに下野させた緑の党は、週刊誌シュテルンの週間世論調査で支持率が過去最高に達した。

  それによると、環境保護を訴える緑の党に対する有権者の支持率は28%と、前週から7ポイント上昇。CDUと連立を組む自由民主党(FDP)は2ポイント低下し3%に落ち込んだ。

  野党社会民主党(SPD)の支持率は2ポイント低下し23%。メルケル首相率いるCDUは3ポイント低下し30%。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aP1JmiRczcKs










福島原発の影響で世界的に反原発の動きが加速 Naniya (なにや)



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。