動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-06

原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~NHK

 1950年代、アメリカとソ連は核開発競争に死力を尽くしていた。そんな中、IAEAを作り平和的な原子力開発をすすめるべきと声明を出したアメリカ。しかしその裏側では、西側諸国の核武装を密かに進める国家戦略があった。日本の原発開発はアメリカの戦略に沿ったものであり、また日本にとっても原発開発は利益のあるものであった。しかし第五福竜丸事件を発端に反米感情が拡大。共産党はその世論の動きを見逃さなかった。日本の原子力戦略に大きく寄与した読売新聞の創始者、正力松太郎とその懐刀である柴田秀利。共産化の防止と日本の国家戦略、そしてアメリカとの外交戦略が複雑に絡み合う。様々な動きを経て、日本で初めての原子力発電所は、茨城県東海村で稼動した。








原発導入のシナリオ ~冷戦下の対日原子力戦略~

◆「毒をもって毒を制する」 第5福竜丸事件で反核・反米の世論が高揚する中、日米が協力し民間から行った世論形成の全貌を明らかにする。(現代史スクープドキュメント 1994年放送)

























日本の原発は読売新聞とCIAが作った (FLASH)
リカは大統領演説以降、日本への原子力導入を急いでいました。当時は冷戦下であり、原発だけでなく、核ミサイルの配備も視野に入れていたのです。ところが、54年に第五福竜丸事件が起き、反対運動が激化してしまった。そこでアメリカが利用しようと考えたのが読売新聞なんです」

 当時の読売新聞の社長は正力松太郎という人物である。大正時代、警察官僚だった正力は、思想犯や労働運動などを取り締まっていたが、23年、無政府主義者による皇太子(昭和天皇)襲撃事件を防げなかったため懲戒されてしまう。そこで、翌24年、当時わずか5万部の部数しかなかった読売新聞を買収し、新聞界に転じた。

 正力は34年、ベーブ・ルースやルー・ゲーリックらが参加する米大リーグを日本に招聘し、今の読売巨人軍を創設し、部数を飛躍的に伸ばすことに成功した。また、戦後の'53年には日本初の民放・日本テレビを開局する。こうして正力は「プロ野球の父」「テレビ放送の父」と呼ばれることになった。

 新聞とテレビ、そしてプロ野球興行は互いに相乗効果が期待され、正力が積極的に推進したのも頷ける。だが正力はその先を見ていた。それが日本全土を覆う「マイクロ波通信網」の導入だ。ここに米CIAの影があった。

「終戦後のNHKは労働組合の力が強く、VOA(アメリカのプロパガンダ放送)の番組放送も拒まれる状況でした。それに対抗する民放の必要性から、CIAは日本テレビの開局を援助します。そして53年に朝鮮戦争が終わると、ソ連がアジアに進出してくる懸念があり、アメリカはマイクロ波通信網でレーダー網を整備する必要がありました。それに協力したのが正力です」

 正力は通信と放送で影響力を高め、最終的に首相になりたかった。アメリカも正力の通信網を利用することで、親米・反共産主義のプロパガンダを流すことができる。両者の思惑は見事一致したのだ。

 しかし、正力の野望は「国家の根幹に関わる放送・通信インフラを外国に売り渡していいのか」という怪文書が出回り挫折してしまう。だが、正力は諦めてはいなかった。政界に打って出て、マイクロ波通信網構想の実現を目指す決意をするのだ。

 55年、衆院選に立候補し初当選した正力は、持ち前の政治力で保守合同を画策し、自民党の設立に成功する。「その功績で総理のお鉢が自分に回ってくると思いこんだ正力でしたが、子飼いの議員もいなければ派閥もなく、選挙資金もなかった。何か政策課題が必要だったとCIAの文書も報告しています。そして、目をつけたのが原子力だったんです」
【FLASH】

[ 2011年4月6日1時30分 ]

http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1302065368/



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。