動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-31

原子力安全委員会の月額給与 93万円!

【原子力発電所】原子力安全委員会の仕事と給与のまとめ

原子力安全委員会とは?
概要
日本の原子力安全規制は、規制行政庁(経済産業省原子力安全・保安院、文部科学省等)が安全規制を行うとともに、規制行政庁から独立した原子力安全委員会がさらにそれをチェックする多層的体制。原子力安全委員会は、専門的・中立的な立場から、原子炉設置許可申請等に係る2次審査(ダブルチェック)、規制調査その他の手段により、規制行政庁を監視、監査している。

福島原発事故の時には、事故発生から12日間も原子力安全委員会委員長 班目春樹は、取材を拒否し続け、その理由に「官邸や文部科学省へ伝えれば良いと考えていた」と語り、市民への情報を伝える事を考えていなかった。
現在の原子力安全委員
■委員長
班目春樹(2010年4月 - )元東京大学大学院工学系研究科教授
■委員長代理
久木田豊(2009年4月 - )元名古屋大学大学院工学研究科教授
■委員
久住静代(2004年4月 - )元財団法人放射線影響協会放射線疫学調査センター審議役
小山田修(2009年4月 - )元(独)日本原子力研究開発機構原子力科学研究所所長
代谷誠治(2010年4月 - )元京都大学原子炉実験所長
(5名とも常勤)
原子力安全委員の給与
原子力安全委員会の常勤の委員の俸給月額
月額:93万6千円
年額:1千123万2千円
※参考資料
特別職の職員の給与に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO252.html

http://ebrain-news.com/pc/toukounews.php?bc=101&c_number=1301363236








【原子力発電所】東京電力の役員報酬額の平均(2009年度)

2009年度東京電力役員報酬
取締役(21名) 7億2千1百万円
一人当たり平均役員報酬 約3千4百万円
20%削減した平均役員報酬 約2千7百万円
50%削減した平均役員報酬 約1千7百万円
70%削減した平均役員報酬 約1千2十万円


藤本副社長は22日の会見で、今回の事故を受け、現在10%から20%削減されている役員報酬の削減幅をさらに拡大する考えがあることを明らかにした。また、現在5%削減されている管理職についても減給の幅を拡大する考えがあることを示唆した。

とありますが、20%削減しても年収2千7万円です。
また、これは使用人給料や使える経費を含めない額です

つまり、経費や使用人給料を込みで計算するともっと多くの額を彼らは貰っている訳ですね。
つまり50%削減でも、年収1700万円にはなります。削減率が高いからと言ってそれでもかなりの高給を貰っている事になります。

参考URL:東電IRより
http://www.tepco.co.jp/ir/management/gover-j.html

http://ebrain-news.com/pc/toukounews.php?bc=101&c_number=1301031133








【原子力発電所】自衛隊員の給料(防衛省の職員の給与等に関する法律)

職員の区分 俸給月額 最低額 俸給月額 最高額
陸将 空将 海将 724,000円 1,204,000
陸将補 海将補 空将補 524,000円 917,000
2等陸海空佐 400,500円 519,900
3等陸海空佐 346,700円 507,300
1等陸海空尉 319,000円 482,700
2等陸海空尉 269,900円 460,700
3等陸海空尉 244,000円 452,900
准陸海空尉 236,000円 449,000
陸海空曹長 227,300円 446,400
1等陸海空曹 221,500円 434,900
2等陸海空曹 221,300円 419,700
3等陸海空曹 212,700円 388,500
陸海空士長 189,600円 314,300
1等陸海空士 174,300円 235,200
2等陸海空士 174,300円 190,100
3等陸海空士 159,500円 170,700
※号俸により最低額から最高額までの幅有り

■自衛隊員の派遣手当
遺体収容1日1000円
捜索救助1日1620円
危険地域1日3240円←福島原発はここ

つまり、1ヶ月(30日間)放射線を浴びまくって福島原発で作業をしたとしても
3240円×30日=97,200円
しか給料に上乗せされないのです。
※実際には、放射線を浴びる許容量がありますのでこの限りではありません。

※現時点では、どの階級の人が派遣されているかは不明です。

■参考資料(防衛省の職員の給与等に関する法律)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO266.html

http://ebrain-news.com/pc/toukounews.php?bc=101&c_number=1301393927


最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。