動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-29

福島の農家でついに自殺者が出た 放射能汚染

福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」2011年3月29日5時30分

 福島県須賀川市で24日朝、野菜農家の男性(64)が自宅の敷地内で首をつり、自ら命を絶った。福島第一原発の事故の影響で、政府が一部の福島県産野菜について「摂取制限」の指示を出した翌日だった。震災の被害に落胆しながらも、育てたキャベツの出荷に意欲をみせていたという男性。遺族は「原発に殺された」と悔しさを募らせる。

 自宅は地震で母屋や納屋が壊れた。ただ、畑の約7500株のキャベツは無事で、試食も済ませ、収穫直前だった。遺族によると、男性は21日にホウレンソウなどの出荷停止措置がとられた後も「様子をみてキャベツは少しずつでも出荷しないと」と話し、納屋の修理などに取り組んでいた。

 23日にキャベツの摂取制限指示が出ると、男性はむせるようなしぐさを繰り返した。「福島の野菜はもうだめだ」。男性の次男(35)は、男性のそんなつぶやきを覚えている。「今まで精魂込めて積み上げてきたものを失ったような気持ちになったのだろう」

 男性は30年以上前から有機栽培にこだわり、自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。キャベツは10年近くかけて種のまき方などを工夫し、この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功。農協でも人気が高く、地元の小学校の給食に使うキャベツも一手に引き受けていた。「子どもたちが食べるものなのだから、気をつけて作らないと」。そう言って、安全な野菜づくりを誇りにしていたという。

 遺書はなかったが、作業日誌は23日までつけてあった。長女(41)は「こんな状態がいつまで続くのか。これからどうなるのか。農家はみんな不安に思っている。もう父のような犠牲者を出さないでほしい」と訴える。(西堀岳路)

http://www.asahi.com/national/update/0328/TKY201103280468.html








土壌汚染「チェルノブイリ強制移住」以上 京大助教試算

東京電力福島第1原発の事故で、高濃度の放射性物質が土壌などから確認された福島県飯館村の汚染レベルが、チェルノブイリ原発事故による強制移住レベルを超えている との試算を、京都大原子炉実験所の今中哲二助教(原子炉工学)がまとめた。

 飯館村は原発から北西約40キロ。今中助教は、原発の状況が分からず被災地各自の事情もあるとした上で「避難を考えた方がいいレベルの汚染。ヨウ素やセシウム以外の放射性物質も調べる必要がある」として、飯館村で土壌汚染を調査する方針だ。

 文部科学省の調査で20日に採取した土壌から放射性のヨウ素1キログラム当たり117万ベクレル、セシウム16万3千ベクレル、雑草からヨウ素254万ベクレル、セシウム265万ベクレルが確認された。土壌中のセシウムは通常の1600倍以上だった。

 今中助教は、土壌のセシウムで汚染の程度を評価した。汚染土を表面2センチの土と仮定すると1平方メートル当たり326万ベクレルで、1986年の旧ソ連チェルノブイリ原発事故で強制移住対象とした148万ベクレルの2倍超、90年にベラルーシが決めた移住対象レベルの55万5千ベクレルの約6倍だった。

 今中助教は「国は原発周辺の放射性物質を詳細に調べて分析し、ただちにデータを公開すべきだ」と話している。セシウムは半減期がヨウ素(8日)と比べ30年と長く、汚染の長期化が懸念されている。

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20110328000068








枝野氏「20キロ圏内、指示ない限り立ち入らないで」2011年3月28日12時11分

 枝野幸男官房長官は28日午前の記者会見で、福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内の避難区域について「(放射能に)汚染されている可能性が高く、現時点では大きなリスクがあるので、指示がない限り当該地域には決して立ち入らないでいただきたい」と語った。周辺住民から要望の高い一時帰宅については「いま何とかご要望にお応えできないか模索を進めているので、現時点での立ち入りは安全性のため、お慎みいただきたい」と述べた。

http://www.asahi.com/national/update/0328/TKY201103280214.html








2011年3月28日(月)
「起きてはならぬ事故」脱原発団体、土浦で報告会

東日本大震災に伴う福島第1原発事故に関し、市民団体の緊急事故報告会(学習会)が27日、土浦市大和町の県県南生涯学習センターであり、脱原発を主張する原子力資料情報室の上澤千尋さんが講演した。上澤さんは「起こってはならない事故が起きた。まだ復旧できる状況になく、放出された放射物質はチェルノブイリ事故の量に近づきつつある」と指摘した。

「核戦争を防止し平和を求める茨城医療人の会」(桜井保之会長)が主催。会場は立ち見者が出るなど、市民の関心の高さをうかがわせた。

上澤さんは「地震と津波の想定が甘過ぎた。地震の段階で原子炉の機器類に大きな破損が起こっていたのではないか」と推測した。

「冷却に失敗し、まとまった量の燃料の塊が原子炉の底を突き抜けてしまい、水蒸気爆発を起こして大量の放射能を放出すること」を最悪の事態として指摘し、「炉内を冷やし続けたいのだが、復旧できる状態は見えていない」と話した。

政府や国、東電から国民に提供される情報については、「小出しにされており問題だ。余計に不安をあおる」と批判した。

http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13012288118790








最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。