動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-27

デジマガが記事ライターを募集 けっこう待遇が良い

デジマガこと 「デジタルマガジン」 で記事を書くライターを募集しているようです。naniya管理人的にはかっこういい待遇だなと感じました。これに関するnaniya管理人の考えをまとめてみました。


・勤務体系が明確になっている
・給与体系が明確になっている
・応募資格のハードルが低い



ライターさんを募集しています! | デジタルマガジン
【急募】デジマガで記事を書いてくれるライターさんを募集しています | デジタルマガジン




勤務体系が明確になっている

 どこかの会社に出勤するというものではなく、インターネット上で自分のアカウントにログインして記事を投稿するという勤務体系のようです。時間的に拘束されずに自分の好きな時間に作業できるので、かなり効率的な労働環境だと思われます。

 出勤する形の労働だと、移動時間などで無駄な時間が生まれてしまいますが、インターネットがつながっていればいつでも簡単に記事が投稿できます。






給与体系が明確になっている

 1記事につき500円で。月間PVが1万をこえるたびに500円が追加されていくようです。こういったライター募集の場合、給与などが問い合わせなければわからないのですが、事前に明白にしているというのはとてもいいと思います。応募する方としても情報が開示されている方が判断がしやすいからです。

 naniya管理人はこういった事情に詳しいわけではありませんが、内容自体はけっこういいんじゃないかと思いました。管理人の篠原さんの記述によれば、30分で1記事との見積なので時給1000円。しかも出来高で追加ありという内容。おもしろいと思います。






応募資格のハードルが低い

応募資格が、高校1年生以上となっています。これはかなりがっつりいったなあと思いました。ハードルがものすごく低いです。大抵のアルバイトの場合、高校卒業が絶対条件になっている場合が多いのですが、高校1年生でも応募できるというのはすごい幅を広げたなという印象です。サブカルチャーのジャンルの記事を増やしたいとのことでしたので、若い人間の生の声を取り入れようという判断なのでしょうか。





 Evernote、ようするにメモ帳ですね。これに記憶してるネタがたくさんあるようです。naniya管理人はネタをメモに記録しているのですが、篠原さんもネタをメモに記録しているんですね。やはりメモがあるのと無いのとでは差が出るようです。



 以前からこういう仕事やってみたかったんです。正直応募したい気持ちとかあります。前にちょろっと記事で書いたのですが、naniyaは広告を貼り付けていますがせいぜい月に100円程度しか収入が上がりません。やっぱ金銭のこととか考えると、デジマガの募集要項って魅力的なんですよね。


 ただ今は経済とか金融の読みたい本とかあるし、naniyaの記事書くのも時間に追われるような印象があります。とはいってもコピペや引用が多いのですが。おまえコピペしてるだけだろ!って言われるかもしれませんが、記事かくのけっこう大変なんですよ><;


 テーブルの上においしそうなデザートがあるのに、食べたいのに食べれない、そんな気分になってきます(´・ω・`)ショボーン



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。