動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-11

民主党 朝鮮人から寄付金 菅総理→「これからもがんばる」

 多くに国の法律では、国家運営が外国勢力に影響されることを防ぐため、外国人からの寄付金を禁止しています。しかし民主党は前原外相や、よりによって菅総理自身が在日朝鮮人から寄付金を得ていたようです。情報をまとめてみました。




panflash00027625.jpg







【国内】菅首相も在日韓国人から104万円 受領認める 進退問題に発展も[03/11] 


 菅直人首相の資金管理団体「草志会」(東京都武蔵野市)が、平成18年と21年に、在日韓国人から 計104万円の献金を受けていたことが11日、分かった。首相が同日午前の参院決算委員会で認めた。 政治資金規正法は、外国人からの献金受領を禁じており、前原誠司前外相は6日に、自身の関係政治団体が、在日韓国人から計25万円の献金を受けていた問題の責任を取り、外相を辞任したばかり。 菅首相の進退問題に発展する可能性も出てきた。


 この男性は、19年6月まで、在日韓国人系の信用組合「旧横浜商銀信用組合」(現中央商銀信用組合、横浜市)の非常勤理事を長年務めていた。商業登記簿によると、現在は、横浜市に事務所を置くパチンコ店を経営する会社などの代表取締役を務めている。


 外国人からの献金をめぐっては、前原氏が4日の参院予算委で、京都市で焼き肉店を営む在日外国人の女性から献金を受けていたことを認め、6日の会見で、献金額が17~20、22年の5年間で計25万円だったことを明らかにした。この女性も日本名で献金していた。

ソース:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110311/crm11031109180004-n1.htm






 菅直人首相は11日午前の閣議後の閣僚懇談会で、自身の資金管理団体が在日外国人から 違法に献金を受けていた疑いがあると朝日新聞が報じたことについて 

「(報じられた人物は)以前から知っていたが、 まったく外国籍だとは知らなかった。献金があったことは事務所に確認した。 (外国籍かどうかなど)事実関係を調べた上で、報道の通りなら当然返却する。 私としてはその人が外国人だということ自体知らなかったので、これからも精いっぱいがんばる

と述べ、 引き続き首相としての職務にあたる考えを表明した。


ソース:http://www.asahi.com/politics/update/0311/TKY201103110067.html






★“辞任する必要なしで一致”

 菅総理大臣が、みずからの資金管理団体が在日外国人から違法な政治献金を受け取っていたと
指摘された問題について、民主党の岡田幹事長は11日朝、菅総理大臣と電話で協議したほか、
安住国会対策委員長と会談し、「外国人だと知りながら、故意で献金を受け取っていたなら別だが、
分からなかった場合には、陳謝し、返金すればいいことだ」として、
責任を取って辞任する必要などはないという認識で一致しました。

ソース:http://www.nhk.or.jp/news/html/20110311/t10014591091000.html






中央商銀信用組合(ちゅうおうしょうぎんしんようくみあい)は、神奈川県横浜市中区に本店を置く在日韓国人系の信用組合

2007年12月25日に、横浜商銀信用組合と北陸商銀信用組合の2信組と合併して発足した。

ATM(一部の店舗を除く)では、しんくみ お得ねっと提携信用組合のカードによる出金は自組合扱いとなる。

2010年8月26日暴力団に関係する企業に融資をしていたなどとして関東財務局に銀行法に基づく業務改善命令を出された。

中央商銀信用組合 - Wikipedia






国交省大臣室の椅子にすわる韓国人女性

nm32126.jpg






前原誠司外相に献金して問題となった在日同胞のチャン・オクプンさんは、
「外国人も公務員になる時代なのに外国人が献金してはいけないとは夢にも思わなかった」として自身の献金で前原外相が辞任することになったことを悔やんだ。

慶尚北道醴泉(キョンサンブクド・イェチョン)出身で韓国籍を維持しているチャンさんは、
前原外相が12歳の時に父親と死別し15歳の時にチャンさん夫婦が経営する飲食店の近所に引っ越してきてから親しくなったという。
チャンさんは韓国と日本のメディアとのインタビューを通じ、「前原外相は私の二男と同い年で、店に立ち寄った時には私を“お母さん”と呼んだ」と話した。

その後、前原氏が政治家になるとすぐに小さな気持ちだが支援したいと考えていたところ、
「5年前に前原氏の広報物の中に寄付金を送る口座用紙が入っており、通名で送金した」と話した。
また、「このお金は正直なところ政治資金とは思わなかった。
家族ぐるみで親密に過ごしながら韓国人か日本人かを問うことなく慶弔時ごとに助け合う仲だ」と強調した。
さらに、「外国人の寄付だと不法資金だというが、いつまでこのように在日韓国人が差別を受けなければならないか」と反問した。

チャンさんは京都市山科区で焼き肉店を38年前から経営している。「これまで飲食店をしながら日本人と同じように税金を払っているが、
選挙権もなく政治資金も出せないとは。こういう差別はなくならなければならない」と強調した。

ソース:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1299560778/






最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。