動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-26

平野綾の言いたいことを解釈してみた 平野綾の恋愛観

 アンチに煽られてブチ切れしてる声優の平野綾ちゃんが日記で自分の考えを公開しています。まずはこちらをごらんください。

平野綾 - Wikipedia
平野 綾 オフィシャルウェブサイト「綾魂」




 昨日のツイッターでの論争でお騒がせして申し訳ありません。書かなくても良いことだとは思うのですが、ブログにて失礼します。

 私が昨日のツイッターで引っ掛かったのは、【ヲタに献身】という言葉。そして騒動を聞き付けた方たちが書いた、【ファンに媚びて当たり前】というようなコメントを目にしたからです。

 他の声優さんは己を殺して徹底しているプロである。プロ意識のなさにはガッカリだ。ファンのことを何も考えていない。だから叩かれるんだ。…と言われても、人には人それぞれのやり方があります。正解というものはありません。私は私に合ったやり方を見つけ今日に至りました。

 アイドルの定義は様々です。どういった想いを抱いて接していただいても良いと思いますし、私の性格や生活感が滲み出る発言が嫌な方も勿論多いでしょう。

 ただ、当たり前で媚びろというのはおかしいだろうと思ったのです。尊敬という単語を軽々しく使う方が多い割に、あまりにも同じ人として見ていないような。扱っているような感覚。ハンドリングできてしまうような錯覚に感じたのです。

 私は不可能かもしれませんが、なるべく私に関わってくださる方一人一人と、向き合いたいと思っています。それこそ対等に。だから主張を聞いてほしいし、芝居に活かせるならば恋だってするし、経験を全て歌詞に書く訳です。

 今すぐ伝わらずとも、何年後かに届けばと思い発言しています。それくらいの決断を昨年しました。

 新たなフィールドで活動させていただけるようになった昨年。私はなるべく自分の言葉で的確に丁寧に、誤差のないように伝えてきました。

 それがこんなにも伝わっていなかったということを知り、暖かく応援してきてくださったファンの皆様の懐の広さを実感しました。

 まだまだ未熟者ですが、伝達はやめないつもりなので、今まで通りこれからも宜しくお願い致します。


 体調心配かけてすみません。インフルではなかったのですが、微熱が続いています。皆さんもどうか健康にはくれぐれも気をつけてくださいね。






 さて、平野綾ちゃんが何を言いたいのか、naniya管理人なりにいろいろと解釈してみました。ここ最近の平野綾ちゃんの言動からすると、 『私は普通に恋愛をするし、それに異を唱えるのはやめてほしい』 という考えが大元にあると思います。


 『アイドルが恋愛をしてはいけないという考えをファンがもっていたとしても、自分自身はアイドルでもあり役者でもあり、歌手でもありタレントでもある、だから私に恋愛をするなということを押し付けないでほしい。』


 これがたぶん平野綾ちゃんの思ってることだと思います。平野綾ちゃんは声優の谷山紀章さんをはじめ、複数人の男性を付き合ってきました。以前グータンヌーボに出演した際も、年上と恋愛を重ねていたことを話していました。平野綾ちゃん自身は、おそらく声優を軸としたマルチタレントとして活動していきたいんだと思います。だからアイドルという枠に押し込めて自分を見てほしくないという意識があるんだと思います。


 ここでひとつ問題が起きてきます。平野綾ちゃんのことを好きな人の中には、平野綾ちゃんをアイドルだと思っていて、さらにアイドルは恋愛をしてはいけないという考えを持っている人がいることです。別にアイドルが恋愛をしてはいけないという決まりは無いのですが、男性スキャンダルはアイドルとしては致命的になるので事務所は恋愛をさせたくありません。もしアイドルに彼氏がいたらファンが離れていき、売り上げの低下につながるからです。多くのファンはその構図を理解しているので、アイドルは彼氏を作らないという暗黙の了解のようなものが出来上がっています。長い歴史の中で、これがアイドルとファンの一種の信頼関係となっているのです。


 しかし平野綾ちゃんの考えは、 『私は、アイドルを含めたマルチタレントだから、恋愛するなと言うのはやめてほしい。私の考えを否定しないでほしい。』 という事だと思います。


 これに関しては事務所の売り出し方にも問題があったと思います。はっきり言って平野綾ちゃんは、声優として活動してきましたが、その一方でほとんどアイドルのような立ち振る舞いをしてきました。自分を信じて、自分を応援して、ファンに対してそういったことを言ってきました。声優業界から見ても平野綾ちゃんはアイドル的ポジションです。傍目から見ると平野綾ちゃんはアイドルにしか見えないでしょう。


 さて、こんな立ち振る舞いをされて平野綾ちゃんを信じて応援してきた人の気持ちはどうでしょう。おそらくこの人達は平野綾ちゃんをアイドルのように思って応援をしてきたと思います。だから谷山紀章さんとのデートが表沙汰になったときはすごい騒ぎになったし、グータンヌーボのときもひどい状況となりました。はっきり言ってお葬式ムードです。


 双方の認識の違いが、このような騒動を引き起こしたんだと思います。平野綾ちゃんがアイドル的な売り出し方をしている以上、今後もこのようなことは起こり続けます。平野綾ちゃんを信じて応援してきた人は、 『裏切られた!』 と思うことでしょう。これは平野綾ちゃんと事務所の方にも非があります。


 紛らわしいのです。もしアイドルという枠組みで活動しないのであれば、自分は恋愛をする、自分はアイドルでは無いという点をあらかじめ公にしておくべきです。アイドルのような芸能活動をして人を集めておいて、あとから恋愛するということを言えば、それは信じてたファンは落ち込むし怒りもこみ上げてきましょう。当たり前です。



 もし平野綾ちゃんが恋愛してはいけないという価値観を押し付けられたくないのであれば、自分はアイドルではないということを公式にアピールする必要があります。口が裂けてもアイドルだなんて言ってはいけないのです。 『私は、声優であり役者であり歌手でありタレントでもあります』 こう言った言い方だったら問題ないでしょう。アイドルだなんて言ってはいけないのです。





@hiranosuren 聞いているのが阿呆らしくなってきました。私は声優です。アイドルです。役者です。アーティストです。変な業界観と恋愛観を押し付けないでください。本人や大衆を相手に、顔も見せず堂々と悪口が言える。便利な世の中になったことに感謝してくださいね。
約16時間前 Keitai Webから hiranosuren宛

100+人がリツイート
返信 リツイート Hysteric_Barbie
平野綾

http://twitter.com/Hysteric_Barbie/status/40445054480818176





 さて、ここで平野綾ちゃんのことをアイドルだと思って応援していた人の気持ちを代弁してみましょう。




 あーやと谷山紀章が付き合ってるとか・・・、あいつと仲良くセックスして幸せになってるってことかよ。ライブでおれたちのこと大切って言ってくれたじゃん・・・。おれあーやのこと信じてたのに・・・、おれたちのことなんてどうでもいいってことかよ・・・。ライブとかイベントでおれたちのことだまして金巻きあげて、挙句のはてに好きな男とセックスかよ・・・。

 二人で楽しそうにデートとか・・・。幸せなんだろうな・・・。そういえばクリスマスのときも偽装してどっかのレストランでおいしくなんか食べてたな・・・。 そのあとはラブホか自宅で仲良くセックスして気持いいことしてたんだろ!! あーやのきれいな肌に触れられて、あーやの唇に好きなだけキスできて、好きなだけあーやの喘ぎ声が聞ける男がいるとか・・・。 あーやのかわいい顔、艶やかな声、つぶらな瞳、好きなだけあーやの顔舐められるとか・・・。 あーやと一年中好きなだけセックス出来る権利とかまじ最高じゃねえか!! クソ!!

 愛してるよ、あたしも愛してるとか言い合ってるんだろうな・・・。 おれの憧れのあーやと好きなだけセックスして愛してるよとか言いあえて、好きな彼氏の肉棒くわえてんだろ!! そんで彼氏と気持いいことする一方でおれたちには応援してくださいか!! 結局おれたちは金づるくらいにしか思ってねえんだろ!! まじふざけんな!!!!!!!!






 たぶんこんなかんじだと思います。すいません書いた自分が言うのもなんですがちょっとひどすぎる(;^ω^) ここまでではないでしょうが、実際にこう思ってる人は多いと思いますよ。少なくともアイドルだと思って平野綾ちゃんを応援してきた人の中には。




 平野綾ちゃんファンのみなさんに言いたいことがあります。平野綾ちゃんは好きな男性と恋愛をします、要するにセックスします。だからお金を払うときは平野綾ちゃんと相手の男性のラブホ代とコンドーム代を払ってあげるつもりでいてください。そのくらいのつもりじゃないと最終的にあなた自身が心に傷を負うことになるでしょう。だからあらかじめ期待をしてはいけないのです。平野綾ちゃんの心と体はその男性のものなのです。そして覚悟を持たなければいけません。平野綾ちゃんが相手の男性と幸せになることを許容する覚悟です。それが出来ないのならば、平野綾ちゃんとは距離を取ることが最善の選択です。そうすれば誰も傷つかないからです。







 さて、今後平野綾ちゃんはどうしたらいいのか。一番の方法は、アイドルだなんて絶対に言わないことです。アイドルとして振舞って人を集めておきながら、裏では彼氏とセックスなんてことをやっていると、いつまでたっても同じことの繰り返しです。自分はアイドルではないということを公式にアピールし、その上で自分を理解して応援してくれる人だけついてきてほしいと言うのです。そうすれば納得したひとだけついてきてくれます。当然売り上げは落ちるでしょうが、これに関しては事務所としては困るでしょう。どういった方針で行くかは非常に難しいところだと思います。



3者の意見
平野綾:私は彼氏作るしアイドルでもある、だから変な考え押し付けないで。
事務所:本人に任せる。
ファン:アイドルって言うなら彼氏つくるのはおかしい、ファンの気持ちも考えてほしい。

※調べてみたのですが、平野綾ちゃんの事務所は放任主義で、タレントの意見を最大限尊重しちゃうところらしいです。





最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。