動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-26

お金をたくさん持っている中国のお客様は神様です 

 2010年のGDPが日本を上回り世界第二位に躍り出た中国。東京の家電量販店などでは、中国人観光客による購買力が影響を強めつつあるとききます。中国はいまやバブル経済、たくさんのお金をもっている方は大切なお客様です。お客様に満足していただけるサービスや商品を提供するのは、ビジネスマンとして当然のおこないでしょう。どうすれば中国のお客様に満足していただけるかをいろいろと考えてみました。



目次:
人間ドックを受けてもらう
不動産を売る
日本の文化を体験してもらう
米を売る
ベビー用品を売る
新人芸術家を支援してもらう
高級な牛肉やマグロを売る





人間ドックを受けてもらう


 どんなにお金を持っていても、どんなに身体能力が高くても、人間のもっている体はひとつしかありません。大切な体が病気にでもなったら大変です。中国のお客様にはぜひ日本国内で最先端の医療を受けていただきましょう。富裕層向けの健康診断ツアーを現地の旅行代理店に組んでもらいます。

 健康保険を払っていない外国人は保険が効かないので料金が高くなりますが、お金を持っているお客様なら気にならないはずです。大切な大切なひとつしかない体です。家族や親戚の方にも一緒に受けていただきましょう。

 また日本の健康的なサプリメントなどを紹介し、それらの商品が人体にどのような効用を与えるのかを詳しく説明して理解していただきます。もちろん強調すべきは中国製品よりも遥かに高い安全性です。商品を正しく理解していただければ、お客様もその商品に強い魅力を感じてくださるでしょう。

※書いた後に思い出しましたが人間ドッグって最初から保険効きませんでしたね








不動産を売る


 中国のお客様は投資が大好きです。日本国内にある都心の一等地などのビルやマンションをぜひ購入していただきましょう。日本の建造物が中国のものよりはるかに安全で高品質なものであることを理解していただき、交通の便も良いことなどを解説します。日本での生活が快適であったり、別荘として活用したり、留学生に貸し出すのもありでしょう。

 現地の旅行代理店に「日本の不動産を見て回るツアー」を組んでもらいます。きれいな新築物件や利便性の高い中古物件をたくさんみていただきましょう。

 ただし、土地は売らないほうがいいです。ビルは土地の上に立つものですが、土地を押さえられるとその上に何が立つかわかりませんし、何も活用されない、もしくは活用できない自体が発生すると大変です。土地の売却は慎重になりましょう。







日本の文化を体験してもらう


 現地法人に日本の文化体験ツアーを組んでもらいます。例えば、京都で美しい着物を来て写真を撮る企画などを立ててみましょう。ネットの画像で見るよりも、実際に目で見て触ってみたほうが、より商品の良さが伝わるはずです。

 戦国時代の鎧や刀をみて回るのもおもしろいでしょう。現在も職人が作り続けているような、一般の人では買い手がつかないような高級で高品質な日本刀でも、お金持ちの中国のお客様だったら値段を気にする必要もないでしょう。実際に見てさわってもらうのです。刃に映る自分の顔、ずっしりと手に伝わる重量、鞘から抜くときに擦れる音、画像ではわからない本物を体験していただきます。

 壺や掛け軸なども魅力的ですね。職人の作った素晴らしい陶器や掛け軸を堪能していただきましょう。日本の茶文化である侘び寂び。墨絵や浮世絵などの掛け軸、色鮮やかな掛け軸など本物の品を見ていただきましょう。

 近年ではオタク文化は世界から注目されていますが、フィギュアなどのアニメ関連商品を見て回ってもらうのも良いでしょう。中国国内では手に入らない素晴らしいフィギュアが目の前に並んでいる光景を目にすれば、それらを魅力的に感じてくれることでしょう。中国に帰ったら容易には手に入らない、そもそもフィギュアは基本的に限定生産なので今買えるだけ買わないとあとで手に入らない、そういった経済的事情を説明してお客様に最高の満足を手に入れていただきましょう。







米を売る


 中国のお金持ちのお客様に、日本の安全で高品質な米をおいしくいただいていただきましょう。米農家はみなさん高齢で、中国語も喋れなければ英語も喋れません。そこで国や商社の出番です。優秀な営業マンを中国の富裕層の方や高級飲食店などに出張させ、お客様に高品質な商品を提供します。


 世界の人口の増加や異常気象などに伴い、世界中の食料価格が上昇しています。また、中国のほかにもインドなどの人口が多い国でも食料は必要になってくるはずです。

00000000052.jpg

http://www.google.com/publicdata?ds=wb-wdi&met=sp_pop_totl&idim=country:CHN&dl=ja&hl=ja&q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%8F%A3#met=sp_pop_totl&idim=country:CHN:IND







ベビー用品を売る


 人口が増えれば増えるほど、赤ちゃんが増える計算になります。少し前に人口ミルクにメラミンが混入していたとして、中国国内で問題になりました。中国では一人っ子政策のおかげで、子供はまさに親の宝です。子供を育てるためにはお金は惜しくありません。日本製の安全で高品質なベビー用品をぜひとも使っていただきましょう。


 中国では2003年から04年にかけて、安徽省で生産された劣悪な品質の粉ミルクが原因で、同省内だけで10人以上の乳児が死亡した事件が発生し、「毒ミルク事件」として大きな問題になっています。








新人芸術家を支援してもらう


 中国の富裕層の中には芸術に関心の高い方もいらっしゃるはずです。ぜひ日本国内に新人芸術家の養成施設をつくっていただきましょう。日本人芸術家でもいいし、中国人芸術家の留学先や保養所としても使えます。新人芸術家の貧しい生活を助けるための慈善施設だと思えば、たとえ採算が取れなくても十分に存在価値があります。


 北海道や長野でもいいし、東京の街中にマンションを買ってもらうでもいいし、日本国内で個展を開いてもらうものいいでしょう。志の同じ物同士で栄光の未来をつかめるような土壌を作るのです。







高級な牛肉やマグロを売る


 高級な牛肉やマグロなど、とにかく高級品は高値をつけてくれる方に売る必要があります。競りなどに中国の富裕層の方を積極的に呼びこみ、高級品を落としていただきましょう。武器輸出は危険でも、マグロを売っても殺されることはありません。また、日本人が高級なマグロを食べられなくても死ぬわけではありません。


 高級品というのは大抵の場合、その商品自体の実用能力よりも稀少性やブランド性などが重視されます。また、高級品は富裕層の楽しみとして存在し、一般庶民にはあってもなくてもあまり関係ないので、普通の人はほとんど困らないのです。






 JTBかHISが現地法人をもっていれば話が早いのですが、なければ先方と話をして設立するものいいでしょう。無理そうだったら中国系の現地法人に任せることになります。富裕層の方に直接コネを持っていればなお良いです。いろいろと案を出してみましたが、使えそうなものがあったら積極的に試してみてください。



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。