動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-06

堀江ブチギレ 「尖閣取られてなんか困るの?!取られたら金で買えばいいんだよ!」

 2011年2月4日に放送された政治討論番組 「朝まで生テレビ」 の中でホリエモンこと堀江貴文さんがハッスルしています。イライラしながら冗談ではなくかなり本気で言っていることが伺えます。


ホリエモンの主張:
 尖閣諸島を取られても日本は困らない。取られたら金で買えばいい。そもそも中国は尖閣に来ないし沖縄にも来ない。アメリカがいるし国連もあるから大丈夫。








「中国とか北朝鮮が日本に攻めてくるわけ無いじゃん」
「みんな助けてくれると思いませんか?」
「明け渡しちゃえばいいんですよ、尖閣諸島をやっちゃってなんか問題あります?実際のところ」
「漁業権買えばいいなじゃない中国から」
「沖縄まで来ないと思うよおれは」
「そんなちっちゃい島はいいのにもう」




 国際社会が許さない、国連が許さない、みんな助けてくれるとおもいませんか。ホリエモンはどうも他力本願な考え方のようです。アンパンマンがやられたらジャムおじさんとバタコさんが助けてくれます。でも実際の社会で必ずしも誰かが助けてくれるわけではありません。田原さんはアメリカの高官が日本を助けてくれるかどうかの問に、「自衛隊を支援することは出来る」との解答を行ったと言っています。


 ちなみに、国連軍なんてものは存在しません。内乱など小規模な紛争のときにPKO(平和維持活動)として各国が兵士を出すことはありますが、大規模な戦争にPKOとして介入することはありません。そういった場合は最終的に各国が独自に判断して作戦を展開するのです。しかも、他国を守るために自国の兵士の命を投げ出す国家は基本的にはありません。


 イラク戦争でも、国連軍なんてものはないのです。アメリカが勝手に作戦を展開して、それに乗る形でイギリスやオーストラリアが派兵をし、各国はアメリカの要請でしかたなく兵士を出した形です。日本もそのうちのひとつです。アメリカがイラクに派兵した理由は石油利権です、つまり自国のための戦争。最終的に大量破壊兵器はありませんでした。そういえばビンラディンはいまどこにいるんでしょう。



以下、いろいろな情報を元に中国の拡大政策をまとめてみました。




第一列島線、および第二列島線
 中国は南シナ海から太平洋へと進出するために列島線を引き、数十年単位での国家戦略を打ち出しています。人民解放軍は公式にこれをアピールしていますし、アメリカもこれを強く警戒しています。

第一列島線 - Wikipedia



20100817j-01-w360.gif



引用: また、中国の南シナ海への主要な関心事項として、天然資源開発や領有権主張を列挙。南シナ海の海南島に建設された海軍基地は「中国海軍が国際的に死活的に重要なシーレーン(海上交通路)に直接アクセスすることを可能にする」と分析し、日本、韓国、台湾に輸送される原油の80%が南シナ海のシーレーンを通過していると強調した。

ソース:http://www.jiji.com/jc/v?p=ve_int_america-chinaanpo20100817j-01-w360








チベットまとめ:
 1950年に中国は独立国家だったチベットに侵攻。占領に成功し政治的にも中国に組み込まれる。それから散発的に抵抗運動が繰り広げられるが鎮圧される。1959年、チベット人民が本格的に武装蜂起するも鎮圧される。この際に最高指導者ダライ・ラマ14世はインドに亡命し、臨時政府を立ち上げる。中国によるチベット政府の行政機構や正規軍の解体と支配体制の樹立は1960年ごろまでにほぼ完了。チベットを支援していた米国が1972年に支援打ち切り。2年後にチベット抵抗勢力は全面投降。

現在に至る。


その他の情報:
現在のチベットの状況






南沙諸島 (スプラトリー諸島):
 空白地帯となっていたが1949年にフィリピンが自国領を主張。1956年には南ベトナムと中国が自国領を主張。1970年代後半に海底油田の存在が確認される。中国を含めたASEANでの会議で軍事介入はせず現状維持の取り決めが結ばれる。2008年、一番大きな島に中国が勝手に軍事基地を作る。ちなみにその島を実効支配していたのは台湾。

現在に至る。







西沙諸島 (パラセル諸島):
 1954年に西半分を南ベトナムが、1956年に東半分を中国が占領。その後、1974年に中国が侵攻しベトナム軍を排除。島そのものにほとんど価値はないが、広大な排他的経済水域(EEZ)内の海洋資源が重視されている。

現在に至る。




 南沙諸島と西沙諸島は第一列島線の中にあります。





china0000.jpg


 中国が太平洋に進出するためには、赤線の沖縄列島と台湾が邪魔。赤丸の南沙・西沙諸島は制圧済み。



最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。