動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-11

女の容姿は採用試験の合否に影響する

 就職活動でことあるごとに噂される「容姿は影響するかどうか」。信じる人も信じない人もいるかと思いますが、ちょっと冷静になって考えれば馬鹿でもわかります。男性はともかく女性の容姿は採用合否に影響します。考えても見てください、接客担当でお客様と接する際にどちらが好感があるか、営業回りでどちらが好感があるか。容姿が影響すると言うと社会的にも角が立つので誰もいいませんが、はっきり言って容姿は影響します。ただし、それは査定される要素のひとつでしかありません。人事担当は思考能力、学歴、容姿、コミュニケーション力などその他もろもろを総合的に判断します。別の言葉に言い換えると「感触・印象・直感」とも表現できます。



【調査】思わず信じてしまう就職活動の都市伝説 (gooランキング)[10/10/24]

1. 顔採用は存在する
2. 面接会場の待合室に社員が学生として紛れ込んで偵察をしていることがある
3. 一度説明会をドタキャンすると二度と予約できなくなる
4. 説明会予約の時点から学歴フィルターが存在する
4. 証明写真がスピード写真だと選考に落ちる
6. 体育会系がの学生は就職に強い
7. 人事が優しいのは落ちる前兆
8. グループディスカッションでは司会をやった方が受かる確率があがる
9. OB・OG訪問の内容はひそかに人事に伝えられている
10. 最終面接前に身辺調査が入る企業がある

集計期間:2010年9月21日~2010年9月22日

 10月に入って就職活動の大手ウェブサイトが次々とオープンし、企業ごとの説明会や一部企業の選考などで毎日忙しいという学生も多いのでは。様々な情報が飛び交い、中には「本当なの?」と思わず疑ってしまうような情報もあるかもしれませんが、あなたがつい信じてしまう就職活動の都市伝説といえば?

 1位は《顔採用は存在する》でした。企業の説明会に行くと社員が美男美女ばかりで驚いたという経験がある人もいるのでは。「美男美女」とまではいかなくとも、就職活動の面接において第一印象は大事。東京ガス都市生活研究所の調査によると、約8割の企業が入室時から最初の質問までに第一印象を見極めると回答したそうで、その第一印象によって「人柄」や「常識度」、「意欲」までもが判断されてしまうのだとか。

 2位には《面接会場の待合室に社員が学生として紛れ込んで偵察をしていることがある》がランク・インしました。面接後に企業の悪口を言っていたら社員に聞かれたという話は実際にある様子。企業の建物内にいる時は常に自分の言動に注意をした方が良さそうです。

 3位には《一度説明会をドタキャンすると二度と予約できなくなる》が選ばれました。「たった一度のドタキャンも許してくれないの!?」と憤慨する学生もいるかもしれませんが、「無断での欠席や遅刻」は社会人にとっては許されないこと。ドタキャンをした学生には今後案内を送らないようにする企業もあるようなので、ご注意を。

 就職活動中は様々な情報に惑わされるかもしれませんが、意外と忘れがちなのが最低限のマナー。清潔感があって、常に企業や社員への敬意を忘れず、社会的な「常識」をしっかり守って行動できる学生であれば、どの企業からも重宝されるといえるのではないでしょうか。

ソース:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1287986733/






 就活は顔が命? 大手IT企業の女子内定者の顔写真が先日、ネットに流れ、その美人ぶりが話題になったが、就活にまつわる「都市伝説」でも「顔採用は存在する」は1位に輝いている。それどころか、「顔で不採用」の方が実態を反映しているという指摘もあるのだ。“就活女子”は、容姿も能力と割り切らなければならないのか。

 10~60代の男女を対象に「思わず信じてしまう就職活動の都市伝説」を調査したのは、ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント。

 調査結果は別表のとおりで、1位は「顔採用-」。信じたくはないが、キャビンアテンダントや受付嬢の整った容姿をみると、全否定はできそうにない。それどころか、就職先として人気が高い旅行会社の採用経験者もこう明かす。

 「顔採用とはいいませんが、男女問わず『顔不採用』はあるかもしれません。法人営業や店頭の接客で客観的に見て明らかに容姿が劣る人は、第一印象で大きなビハインドを背負います。もちろん、それを上回る個性や能力があれば問題はないのですが、結果として、内定が少なくなるのは事実です

 太っている学生も「自己管理ができない」との理由で、評価が大きく下がるという

 容姿での採用といえば、大手IT企業の女子内定者が内定式などの様子をブログで公開。モデル級の美人ぞろいだったことから、「××(IT企業)リア充過ぎ」「顔採用しすぎ」とネットユーザーの注目を集めた。

 ちなみに「リア充」とはネット用語で、モテない人が現実の世界で異性にモテる男女をうらやむことを指す。

 同社の元社員は「創業者の考えに『美人は営業ができる』という基準があるので、女子社員に美人が多くなるのは必然」と、こう説明する。

 「一般論としてルックスがいい若者は社交的。初対面の人とうち解けるのも上手というのが人事の基本方針で面接官にも徹底されている。歴史も体質も若い会社なので社員の見た目が華やかなことも含め、ひとつの企業文化と考えてほしい」

 この創業者の妻も元社員というから、さぞ美人なのだろう。

 ただ、すべての企業がこうだと悲しい。『就活のバカヤロー』(光文社新書)の著者でジャーナリストの石渡嶺司氏は「くだんのIT企業は極端な例」と一笑に付す。

 「採用担当者が、社内で『美人だから採用した』と言われるのを恐れ、容姿のいい女子学生を落とす事例もあります。美人は打たれ弱いという印象を持たれやすいことから、就活にマイナスと感じる女子学生も多く、十把一からげに『美人は有利』とは言いにくい。営業や接客の職種でなければ、容姿以上にアピールできる個性を磨くことが重要です」

 若者よ、顔で選ぶのなら、こちらからお断り-。そう言い切る度胸を持とうではないか。

産経msnニュース 2010.10.29 21:28
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/101029/trd1010292130005-n1.htm





 さて、この記事で要するになにがいいたいか。女性はこれを見て「私はダメだから」などと諦めるのはやめてください。逆に言えば容姿さえ綺麗にしておけば就職で有利になるということです。太っているよりも痩せたほうが有利なら痩せればいいのです、痩せるだけなら誰でもできます、単純なカロリーの増減なので。顔に関しては元々の出来と言うのがありますが、大抵はメイクでなんとかなります。一重でも簡単に二重に出来るし、ファンデーションを塗れば肌も綺麗に見えます。つけまつげとカラコンとアイラインとアイシャドウで目力を強化してください。顔が大きかったり細かったら髪のボリュームや髪型でカバーすることができます。口紅をピンクにすることによって若々しく見せることが出来ます。


 そして露出度を上げてください。顔の違いはあっても、人間は体の違いは大してありません。ミニスカートをはいて胸元を開けて肌を露出させてください。男はこういった手法に弱いので積極的に活用していきましょう。


 もしこれらのやり方が「男に媚びている」という風に思うのであれば、その考え方を改めてください。市場では商品価値の高いものに高い値段がつきます。女も同様に美しい女にはそれ相応の値段がつきます。女が美しくなるために努力しているのは、男のためではなく自分の商品価値を高めるため、自分の利益を確保するためです。社会において、美人は得をするものです。美人は損なんて言葉がありますが、はっきり言ってそれは嘘です。女性の皆さんは容姿をよくすることが自分の利益につながるということを頭の片隅に覚えて置いてください。これはとても重要なことです。

最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。