動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-05

尖閣衝突ビデオ流出に対する中国政府 「日本側は関係修復を妨害しないよう努力すべきだ」


中国漁船衝突事件とみられる映像がインターネット上に公開されたことについて、中国の崔天凱外務次官は5日、「日本側に誠意があるなら困難を克服し、(日中関係の修復を)妨害しないよう努力すべきだ」と述べた。(共同)

ソース:http://sankei.jp.msn.com/world/china/101105/chn1011051345003-n1.htm





中国には弱腰、国内機関には強腰で徹底追及する仙谷官房長官





 政府は5日、中国漁船衝突事件の状況を撮影したとみられる映像がインターネット上に流出した問題について「捜査の観点からも、予期せぬ由々しき事態だ」(仙谷由人官房長官)として、徹底した調査で流出ルートの解明を図るとともに情報管理に万全を図る方針だ。

 仙谷氏は5日午前の記者会見で「真偽を調査し、必要ならば司法当局の捜査とする判断もしなければならない」と強調。「流出だとすれば、相当大きなメスを入れる改革が、あらゆるところで必要だ」と述べた。

ソース:http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20101105045.html





 尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件の状況を撮影したとみられる動画が4日、インターネットの動画投稿サイト、ユーチューブ(Youtube)に掲載された。中国のインターネットでは「悪いのは日本」などとする投稿が集まりはじめた。

  6日午前9時現在、中国大陸のメディアのニュース配信は見当たらない。香港系で、大陸部の利用者が多い鳳凰網(簡体字=略字版)は5日午前5時42分付で同件を報じたが、「そもそも、日本が悪い」とするコメントが集まりはじめた。

  「日本の軍艦(原文ママ)がわが漁船をはさんで損害を与えた。わが領海内であり、侵略と攻撃に遭遇する死地にあって、自衛のための普通の行為だ」、「中国側の船は正常に操業・航行していた。鬼子(日本人を指す)が航路を妨害した」、「中国庶民はみな、強烈な愛国心を持っている。漁民は身をもって、国に報じた。支持しつづける」などの意見がある。(編集担当:如月隼人)

ソース:http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1105&f=politics_1105_002.shtml





 中国本土でも視聴可能な香港の衛星テレビ局「鳳凰(フェニックス)テレビ」が5日早朝、ユーチューブから取り出した海上保安庁が撮影したとみられる映像の一部を放送し、同局のニュースサイトでも衝突時の映像が視聴できた。

 一部の中国サイトでは自主規制とみられる削除が行われたが、映像を視聴したとみられる中国国内のネットユーザーから、 「映像は改竄(かいざん)されたものだ」「日本側がわざと衝突させたようだ」「中国の小さな漁船が自分から衝突したなら英雄だ」といったコメントが寄せられた。

ソース:http://sankei.jp.msn.com/world/china/101105/chn1011051058001-n1.htm





 「中国漁船がぶつけてきたのは明らかだ」「なぜ映像を早く公開しなかったのか」。沖縄県・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件の状況を撮影したものとみられる映像。テレビなどで目にした地元・石垣市の住民らからは5日、これまでの政府や那覇地検の対応に疑問の声が上がった。

 観光客向けの釣り船を経営している50代の男性は同日朝、テレビで映像を見た。「中国漁船が明らかに速度を上げてぶつかってきている。政府は中国に配慮するばかりで、どうして国民に事実を明らかにしなかったのか」と憤った。

 タクシー運転手の大宜味務さん(60)は「どういう状況でぶつかったか見られて良かった。これまで一部の国会議員しか見ていなかったのがおかしい」と、国会や地検などの対応に疑問を投げ掛けた。


ソース:http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101105/crm1011051121016-n1.htm





 東京都の石原慎太郎知事は5日午前、沖縄県尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で海保が撮影したとみられるビデオ映像がインターネット上に流出した問題について、「結構ですね。これは内部告発。みんな知りたいことなんだから。相手の実態を知るためにはそういう映像が一番確か。それに注釈を加えることをみんなが(映像を)見て判断すればいい」と述べた。産経新聞などの取材に答えた。

ソース:http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101105/crm1011051231022-n1.htm





 「意図的に中国漁船がぶつけてきたのは明らかだ」「最初から映像を全面公開すべきだった」。ビデオ映像をテレビなどで見た地元・石垣島(沖縄県石垣市)の漁師などからは、船長を釈放した那覇地検や政府の対応に疑問や不満の声が上がった。

 石垣島の漁師、金城一雄さん(60)は朝、テレビのニュースに驚いた。「一般に公開されていない映像がまさかインターネットで流れるとは思わんかった。内部告発みたいな形ではないか」。映像を見て「海上保安庁の船は避けているのに中国船がぶつけてきている。意図的なのは明らかで、やはり逮捕・起訴すべき事案だった」と確信したという。

 同じ石垣島の漁師、比嘉幸秀さん(49)も「衝突は確信犯。釈放されたのはやはりおかしかった」と語る。その上で「逮捕時に映像を公開し、後に『中国との関係上、釈放する』という説明があれば、国民は納得したのではないか」と語った。

 八重山漁協(石垣市)の上原亀一組合長(48)は「隠す必要は何もなかった。一部にだけ公開といった対応を取るから余計な憶測を呼んだ。全国民に事実は何かを知らせるべきだった」と話した。

 尖閣諸島を行政区域に持つ石垣市の中山義隆市長(43)は「見る限りは、公務執行妨害であるのは明らか。船長を釈放した対応は間違いだった。故意にぶつけてきても処分されずに釈放されるとなると、周辺海域は無法地帯になりかねず、大きな不安が残る」と指摘。その上で「ここまできたら政府はすべての映像を公開すべきだ」と語った。【佐藤敬一】


ソース:http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101105k0000e040046000c.html





★スッキリ!

 尖閣諸島沖の「衝突事件」で、海上保安庁が撮影したと見られる映像が流出し、動画サイトに掲載された。もちろん、番組でも多量に垂れ流された。

 いったい誰が、なんの目的で!? 常日ごろ卓越した心理分析などで独自の「犯人探し」を得意とするテリー伊藤主任捜査官だが、今回は流出犯人の追求に消極的な姿勢を表明した。そんなことよりも、映像からわかった中国漁船の悪質さのほうが大事であり、また、中国に対して弱腰の政府も腹立たしいし、日本人はもっと怒れといった主張である。

 そのほか、あれやこれやと、まとまらないコメントの途中、テリーは「それより、これ見てくださいよ。ふざけた話じゃないですか!」と叫ぶ。コメンテイター曰く、論より映像。「見てほしい」のは、コメントタイムの最中も画面いっぱいに流れ続ける流出映像だ。

ソース:http://www.j-cast.com/tv/2010/11/05080015.html

最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。