動画関係が多いためTOPページが重くなっていますが、なにとぞご了承ください m(_ _)m

RSSヘッドライン アクセスランキングより↓(整理:2011/07/04)



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-16

ニコニコ動画のおすすめ動画 2010年10月16日版

 ニコニコ動画内のおすすめ動画をピックアップしてみました。今回はおもしろそうな動画を中心に集めてみました。

・人間ロケットに挑戦
・間違ったバイクの乗り方
・全力コーヒーカップ
・6個のサイコロのゾロ目が出た瞬間
・外国人ガクブル62連発
・小学生がドリフトで縦列駐車
・幼女のドリフト駐車
・スーパーファミコンをかけた少年たちの戦い



 人類の果て無き欲求、そして飽くなき挑戦。長い長い歴史の中で、人類は様々な偉業を成し遂げてきました。しかしそれは幾度もの失敗を経験した末にたどり着いた結果。発明王、トーマス・エジソンは言いました。「天才は1%のひらめきと99%の汗」であると。そして彼はこうも言いました。「1000度の失敗したわけではない、1000のステップを経て電球が発明されたのだ」と。すべての偉業は一日にして成ったものではありません。過程を経ずして結果はならず。彼の探究心はやがて人類の歴史に刻まれるほどの大きな功績を残してくれるでしょう。






 発明王、トーマス・エジソンは言った。「1000度の失敗したわけではない、1000のステップを経て電球が発明されたのだ」と。彼の探究心はやがて人類の歴史に刻まれるほどの大きな功績を残してくれるでしょう。






 全力でコーヒーカップをまわしてみた動画です。人類の飽くなき探究心、危険すぎます!!すさまじい遠心力、そして重力。計算では頭部に5Gの重力がかかった状態だったようです。ニュートンもびっくりの全力コーヒーカップです。危険な状況で芽生えた恋は長続きしないと言われますが、二人のその後が気になるところです。






 6個のサイコロを振り続けすべて同じ数字を出すという、とてつもない偉業に挑んだ一人の人間の記録。延々とサイコロを振り続ける配信者。転がるサイコロ、そしてそれを拾い集める右手、静寂の世界。おそらく誰も達成できなかったであろう、いやむしろ誰もやらなかったであろう挑戦に、動画を見ていた誰もが固唾を呑んで見守った。当時管理人もこの放送を見ていました(途中で飽きてどっか行きましたが)。

 そしてその瞬間は、何の前触れもなく、唐突に訪れた。






 迷路をやっていたら突然ゾンビが絶叫するというドッキリフラッシュをプレイさせられた人々です。みんな迷路をクリアするために画面に近づき、慎重に、少しづつ、ゆっくりとマウスを動かしていきます。そんな人々を突然ゾンビが襲うドッキリ動画です。怒った幼女がかわいいのはもちろんのこと、太った黒人のおばさんがものっすごいことになっています。何気にハリセンボンの春菜に激似の人もいます。






 なんというシューマッハ。ドリフトしながら限られたスペースに車をねじ込みます。幼少期にこれだけのドライビングテクニックを持っていれば、将来のF1で活躍できること間違い無しです。停車後のどや顔にも注目です。






 もう一人シューマッハいました。さっきの子よりもさらに速いスピードでしかも逆方向から進入して隙間にねじ込んでいきます。






 スーパーマリオスタジアム。テレビ東京系列で1993年から3年間放送したゲーム情報番組です。小中学生がクイズやマリオカートで対決するなど白熱した番組内容でしたが、この回は次元が違っていました。神奈川県川越の生んだ最強の中学生、前嶋崇之くんが怒涛の勢いでスタジオを飲み込んでいきます。素人なのにおもしろすぎます。


theme : おもしろ動画
genre : サブカル

最新記事

解析タグ

アクセスランキング

データ

 
←→
なにや管理人
更新停止

2011年10月7日
仕事うまい具合にやってかないとなあ
リンク
最新記事
Ad
Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンターPV 2011-04-18
アクセスランキング
カテゴリ
相互リンク
受付はこちら
月別アーカイブ
Ad
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。